2014年01月29日

「実際に見せていただいたトミヤン建築を振り返る」

夕べ、「あー終わってしもたなあ」思いながら
トミヤンHP見ると、プロフィールの最後に
「2013年11月逝去」とある・・・

「あ、加筆されとんで!」思ってトップページを
よく見たら・・・

故富田眞二が生前に手がけた住宅やオフィスビル、
雑誌・新聞に寄稿した記事などを紹介するHPです。

1.28
ホームページは閉鎖せず、残すこととなりました。
富田建築設計室のホームページを閉鎖する旨を
お知らせしておりましたところたくさんの方から
惜しむ声をいただき、このホームページを残すこと
となりました。


おおお。
現存スタッフの方から「そうなる方向」と、ごく
最近聞いてはいたけど、うれしいなあ。トミヤン
ファンを代表して・・・

ありがとうございます!!!



HPは閉鎖されるというし自分のトミヤン建築への
記憶をとどめておきたいという気持ちで振り返って
みたんやけど、いろいろ振れ巾もありながらも、
「愛ある建築」へ収斂していく様子がよくわかったな。

書いてみてよかった。


お施主さんや建築に対する愛情とは別に、誰よりも
JIA(日本建築家協会)を愛したトミヤン。

丹下健三初代会長の呼びかけに応えて徳島では最も
古いメンバーの一人です。

JIAに誘っていただいたことがどれだけ自分を
広げてくれたか、感謝してもしきれません。

四国のJIAの先輩建築家を語る、また、直接会話
する様を横で見ていて、目を輝かせながら思いを
伝えようとするトミヤンに「永遠の建築少年」を
見てました。


そのJIA四国支部から今春「建築巡礼四国88ヶ所」
という建築ガイドブックが発刊されます。
(20年前の第一版は支部HPに掲載されてます)

トミヤンは、2010年にはじまった、発刊へ向けて
の特別委員会の委員長でした。震災があったり、
選考方法の決定も地域会ごとの特色から難航し、
紆余曲折を経て、最終的にデザインに入る前あたり
までは委員会にも出席されてました。

第二版の編集後記のトミヤンコーナーを担当します。
(もちろん志願しました)

いい準備ができました。さあ書くぞ。


あ、まずはHP存続に拍手!!!
さあみなさんも・・・




posted by uch at 08:33| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

その10/10

大空と暮らす家

これが実際に見せていただいたトミヤン設計の
最後の家です。

これぞ間合い。距離感。ですね。

この家の場合、北側に元々あるご主人のご両親と
おばあちゃんの家との接続にトミヤンの、また、
愛が凝縮されています。

しかもそれが、息詰まることのないように巧みな
「抜け」とセットになって。

おばあちゃん、ご両親、奥さんとわが子、という
ご主人を中心にした皆さんのつくる重なり合う
円が、輪が、トミヤンの指揮の元、重なりごとに
違う音色を奏でています。

あ、違う。平面の輪ではなく、球です。玉かな。
レベル際の操作の妙が、熟しまくってます。
上下が単純に重なっているだけでないんよな。
ものすごくわかりにくい。床の厚さ以上の距離
が感じられたり、近かったり。

CDで、一曲目がものすごくいいと、とりあえず
そればっかり聴きたくて2曲目の前に何べんも
一曲目聴いてしまうということがほんのたまに
あって、建築でもごく稀にそういうことが起こる。


この家もそれでした。1階の、土間の辺りでその
建築にとらえられて、なかなか2階に上がれない。

トミヤンHP、こちらから。

そのときのブログありました。こちらです。


うわーおわってもた。10軒。
あかんがなまだおわったら。

うちのブログでそれぞれの家を見学したときに書いた
記事見つけました。

あらためてその家の紹介にリンク貼り付けました。
泣けてくるなあ。
藍工房のある家
kimoty house
眉山を臨む家


posted by uch at 23:12| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

その9

宙(てん)に向かう家

手法がある程度固定化してきて、手法よりも
その家その家のテーマを前面に出すように
なってきて、この家は「宙」に向かってます。

愛情に満ちたこどもたちへの視線が主役に
なってきてもいます。

こんな家族なんだろなあ・・・と、勝手に
イメージがうかびます。住む前なのに。

お施主さんによって家は違って当たり前
なんやけど、その家庭の親が考える
「自分達の子供たちと家」をはるか俯瞰して、
もっと大きな世界をつくろうとしている。
といおうか・・・

トミヤンのHPで、こちらです。

あと一軒しかない。
実際に見せていただいたトミヤンの設計した
家シリーズ。てことは10軒だったわけですか。




posted by uch at 17:22| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。