2014年05月15日

徒歩で事務所に

向かっていて発見。

毎日のように通る道で発見というのも
おかしいけど、発見やなこれは。

140515.JPG
黎明期の鉄筋コンクリート造集合住宅。

薄い水色の木製サッシがええな。

南側はバルコニーがあって、
そこの掃き出しも木製。

最近、軒を深く出せた家では木製建具を
入れることが多い。家の中と外をつなぐ
部分が木製だと、中と外のつながり感が
やわらかくなるな。

こういう鉄筋コンクリートのカタイ建築
でも、開口部が木製であるだけでほっと
するな。

ほとんど入居者はいないみたいやけど、
耐震と法的な条件を考えながらリフォーム
したくなる建築やな。

この、集住に「あこがれ」のある、でも、
手法としてはぎこちない感じがええな。

という、朝。



posted by uch at 08:12| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。