2014年06月08日

相談をいただいている

リフォーム。

軒が深い。軒が深いから外装が木でいける。
陰影がある。庭の緑とあいまってとてもいい。

設計者が関わってできた家というよりも、
ご主人の建築への思いが構成させた家。

やはり、雨が降る、湿度が高い、でもしかし、
だからこそ季節ごとの、緑花々が豊かに家の
まわりを彩る。

軒下は大事やな。

雨が降っても窓をすかしておける、夏の日差しを
さえぎって冬には陽光を取り入れる、屋根、庇は、
大事やな。

やはり魚ってんまいよな、に、似ている?
かも。






posted by uch at 19:10| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

もくもくと

無言で作り続ける






IMG_0925.jpg
新「モデル職人T」





IMG_0926.jpg
白いのは丸太です。

レーモンド自邸+井上邸に魅せられたクライアントと
三好の宮大工集団「番匠中山」と大阪の構造設計者
集団「ケイツー建築設計所」と徳島の設計者仲間と
一丸で取組んでます。

「単なる写しにはしたないやろ」を、合言葉に。

丸太発注済み。秋に着工。

この時間感覚が、在来構法を少しはみ出した木造建築
ならではなんやけど・・・。いやしかしはみ出てるのは
丸太だけなんやけど。

長い丸太を調達するタイミングですべての工程が
決まります。

足場丸太が普通に流通していた時代の、いうたら
仮設材による安価で美しい建築に今チャレンジすると
どうなるか。に、まさにチャレンジ中。

棟上げが楽しみです。


posted by uch at 09:48| Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。