2014年07月22日

お孫さんたちが

事務所に遊びに来てくれました。

じーんとしたな。

娘さんと話をしていると、本人が目の前に
帰ってきたような錯覚におちいる。まさに
そこにいると感じる。

ここに確かに「受け継ぐ」人たちがいる。
お孫さんのちょっとしたしぐさにもやはり
面影がある。こうして生き継いでゆく。

こんなふうに人の「死」と、つながっていく
「いのち」を実感したのは初めてです。
とてもうれしくなりました。


あるお施主さんがおっしゃってました。
「わたしたちは死んだことがない」と。

自分の親、その親、またその親と辿っていくと
いつか自分の命の根源に達する。

個体は亡くなっても、命はつながっている。


「諦観」、ではない。
「悟り」というとたいそすぎ。
うまいことばないかな。
・・「わかりました」かな。

ずっと先生やなあやはり。
那賀川水系大先輩建築家。





posted by uch at 10:11| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。