2014年11月10日

シンポレポートの

前に、シンポ翌朝、11/9(日)の朝。


シンポ後、福島駅近くでJIA東北支部の方々と
感動の乾杯の後、白河の辺見さんのご自宅へ〜

辺見さんご夫婦と、福島地域会の事務局、斉藤さん
と、四人で薪ストーブの前で飲む。

大会を振り返りつつ、あ、あの人のおかげで!
という話になると辺見さんがお礼の電話する、
「回想」と「感謝」と「これから!」の夕べ。

またまたぐっすり休んだ翌朝は今回は・・・









IMG_3644.jpg
シンリンンラン!

温泉のご主人が、ランナーである息子さんと
拓いたコース。行政も動かして、さらなる整備
が続く、アップダウンも織り込んだ、ほんまに
「ナイスコース」!

学生さんたちが合宿に来たりするらしい。

なによりラン好きがやってきて、ひとしきり
走って、目の前の温泉に入って、ご飯食べて、
もしかするとビール飲んで・・・

パラダイスやなあ。

徳島でもできんかな。
温泉は必須やなしかしまず。





で、もんてきて、またまた、外で、










IMG_2459.jpg
朝ごはん!!!!!

うー。家の内と外と、と、いつも考える世界を
はるか超越した辺見家のくらし。

ありがとうございました!!






posted by uch at 00:00| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

七日は

福島駅から飯館村を通って双葉町へ。
普通に生活できる地域から
居住困難地域を通って
帰還困難地域へ。

JIA東北支部大会初日、先にエクスカーション。
「福島の現在」の一部に足を踏み入れて、実際に見て
町の方の話を聞いて、意見交換もしてから二日目の
シンポジウムへという、これはすばらしい構成。

倒壊した家もいくつかあるものの、外見上は特に
問題なさそうな街並みに、人気(ひとけ)がない。

全ての機能はとまったまま。

「避難と言っても、3,4日で帰れるだろうと
甘く見てました」と、町の方もおっしゃる。

それっきり3年8か月、許可を得ないと帰れない。

原子力による明るい未来、的なスローガンが町の
そこここに。放射能事故の際の避難所もある。

汚染物質の中間貯蔵施設になるかもしれない
場所にも行ってみる。

ススキとセイタカアワダチソウのせめぎあい。
(同行した内藤廣さんの言葉)

塩害で立ち枯れした松林。

荒野(と見える)に打ち上げられたままの
漁船の群れ。

「津波被害は外科的処方で対処できる」
「放射能被害は内臓疾患」(同)

外から見ただけではどこが悪いのかわからない。

果てしないやるせなさが襲ってきたなあ。
翌8日のシンポジウムと合わせてまとめよう。







posted by uch at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

徳島県の

外での仕事。

高知での仕事は元々縁もあるし近いしそうは感じ
てこなかったけど。

はるか遠く埼玉で、相談を受けて話をしてみると
家の「絶対値」というか、どこに行っても変わらない
要素というか、そういったものでしか語れないなと
思った。

わかったふりもできないし、もちろん普段から
そんなことしてないつもりやけど、お施主さんが
不安に思われている事柄に対して真摯に答えること
にものすごい緊張感があった。

わからないことはわからないし確かでないことは
確かでないと言うしかないし。その中でこう思う
ということをお話しする。なんでか知らんスリル
があるなあ。

そんなことを打合せの後に思っていて、ほな地元
での仕事はどうなん?と思ってみると、地元の仕事
はやりやすいと思っているほの理由はなんなんかと
考えるな。わかっているからやりやすいと思いよる
その範囲は?

遠くで考えるといろいろそぎ落とされるような。






posted by uch at 00:00| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。