2015年03月02日

蔵を

設計させていただけるかも。となって
考えてみると蔵は「祈りの建築」やなあ。

代々守られてきたものを、次の世代へ
ずーっと受け継がれてほしいと思って
建てるわけやから。蔵の中には何代も
まえの家族たちの空気が流れるよな。

「死蔵」したんでは意味が無いな。
見える、触れられるような場面もつくり
たいな。母屋との関係は?と考えると
やはり「日本の建築」でなければなあ。

大きな意味で「循環の中にある建築」
というか。素直に取り組みたいな。


IMG_4082.jpg
これは「屋根の記憶」の1ページの棟飾り。
胸がすくな。こんなの見ると。
表現おかしいかな。





posted by uch at 21:08| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。