2015年06月01日

関わらせていただいている建築の

信仰の中心へ。

「何もない」そこを中心に町ができていて
多くの人々による様々な営みが広がっている。

世界中の教会がこの中心に向かっている。
教会建築のあり方は、多くの既存の教会とは
少し違ったあり方もあるように思える。

一教会の内部だけで考えていてはわからない
全体性と、全体と末端のようなことが体感
できて、行ってよかったです。

ありがとうございました。










posted by uch at 12:32| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。