2015年11月11日

宮沢賢治の

われわれはみんな芸術家である。
というんを(要約しすぎやけど)
平田オリザさんの講演録の中で
知って、今考えよる事と重ねて
「すごいタイミングやなあ」と
いろいろさらに考える。

建築が建築としてなりたつこと
はそれだけでなりたつんでなし
にそこにいる人の思いや過ごす
時間があって初めて成り立つ
んやなと。

ものばっかり見よったらあかん
なあ。ものばっかり考えても、
なんもその次が思い浮かばんな。

その建築が好きになるとかその
場所に思いが芽生えるというのは
自分を含めたそのときの気分が
やはり心地よいからで、それを
設計するとなると、面のデザイン
やちょっとしたもののカタチとか
じゃなくて、もっと大きいところ
でそこのためのことを考えな
あかんのやな。

師匠ア正治がよく言っていた
「至芸化された動き」を思い
だしながら、建築じゃなくて場所
とそこにいる人の振る舞いやな、
と、えらいまた高尚なこと考えて

とりあえず外に出よやと思って





DSCF9404.jpg
朝のコーヒーを万代中央埠頭で

つながっとるかなこれ(笑




posted by uch at 07:44| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。