2016年01月25日

またまた

IMG_5851.jpg
厚うに凍っとるな。
いけとんかなめだかたちは。

心配せんでもぬくうなったら元気に
浮かんでくるんやけどな。

こないだなんのTVやったかで、
玉虫の厨子がうつっとったな。

いまだに、生きてる玉虫の羽根と
同じように輝いて見えたな。

一昨年かな佐那河内村の山の上で
いーっぱいみた玉虫と同じやった。


赤いめだか黒いめだか、グッピーの
オスとか、生きてるときは華やかな色や
模様してても死んでしまうとすーっと色が
消えていくのに。

生きてるときはほんまに気色悪い色で
気色悪い模様してる芋虫も、死んだら
グレーになる。明かりが消えるみたいに。


あれらは、生きている、色なんやな。
てことは玉虫の羽は既に死んでる
わけ?無機質ってことかな。無機質の
羽根をしょっていると。

杉の赤身は変質しにくいけど、形成層
をふくむ周囲のしらたは腐りやすい。
赤身はまあいうたら無機質ってことか。


より深く調べる気にはならんけど(笑、
おもっしょいなと。




posted by uch at 11:21| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。