2016年05月07日

佐那河内村

移住交流アクションプラン運営委員会
昨年度報告と新年度計画+意見交換会




のあとの懇親会@・・・




IMG_6249.JPG
佐那の里

つくるひとデザインするひと、ジャンルが
かぶりあう登場人物も増えてきて、いい意
味の緊張感も生まれてきて、バビル二世
(安冨さん)とそのしもべたちというか、
佐那河内の平和を守る一味というか、更に
わくわくしてきたな。

ほんでそのしもべたち、
みんな村民なんよな。

それがすごい。

もともとの村民はもちろん、参加する人たち
はみーんなつぎつぎと、すっと村民になって
いく。

村の中からの視線、未来への思い・・・



われわれ建築士会はがっしりとみんなの活躍
の基盤地盤をかためる役割。熊本で再認識した
ことでもある。



写真の右側に並んで座る佐那の里のお母さん方、
そろいの赤い三角巾で、まるで妖精やな(笑

きゃらぶき、そらまめ、たけのこ、いたどり、
お芋、こんにゃく、ごはん・・・

なんでもない佐那河内産の食材を、
「ごちそう化」する名人達です。



さて今年度は、二年間の成果を土台に、実際に
場所、空間が立ち上がる段階にうつります。





posted by uch at 09:12| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。