2016年08月15日

この場で伝えたい!

思う瞬間が多くて、阿波踊り期間中は
普段直接はあまりしないfacebookへの
投稿が多くなりがち。(言い訳)

やいよるまに、もう最終日じょだ。

今年は三味線の皮ちゃんと両面張って
ピックをバチに持ち替えて。

初日は木のバチやからか三の糸三本
切れてもて、二日目からはちょっと
ええやつにしていまのところ快調。

皮張ると気になるのが体との接触。

ギターはストラップで肩に吊って、
腰で弾く(?)けど、三味線は汗で
ぬれた浴衣にひっつけよったら皮が
濡れるよな。

ここを今まで10年ちょっと、疑問
に思ってなかったんよな。体側は胴に
板はって、そのあたりの心配をスルー
してたしな。(胴=太鼓状のボディ)

ほんで地元のこどもたちのサポートで
冨田橋界隈を練り歩いたときに、有名連
の三味線引き氏を観察して発見した。

帯に挟んだ三味線載せ棒。木製で、胴が
あたる部分はゴムが貼ってあるブツ。
そうかこれで三味線と浴衣を離すんやな。

おおーと思って気をつけてみると、木製
金属製、紐、など、いろいろみなさん
それぞれに三味線をホールドしとんよな。

「三味線は打楽器」ともいうな。
胴の両面の皮、つまり太鼓の両面には
何も接触せんようにしとかなな。


IMG_6802.jpg
OSSNBに右肘をのせるわいと、
OSFに同じく右肘のせる馬車猫氏。

もちろん、
OSSNB(帯にさした三味線載せる棒)
OSF(帯にさした笛)・・・


IMG_6799.jpg
これがOSSNB。

引き手や手すりやら用に、事務所にいつも
備蓄しとる流木からええ具合に曲がったん
をセレクト。




・・・うう今夜で終わりかあ・・・




IMG_6804.jpg
まさにこんな気分!!!



posted by uch at 10:30| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

徳島駅前に

海部観光「バススクエア」


IMG_6772.jpg
オープンしました〜!

むかしからあったお土産やさんを
改修した、ほんまの「看板」建築。

マイフローラの内観(米津さん撮影)
を、ドーンと大きく。

自動券売機で海部観光の大阪便と
東京便の、全てのチケットを購入
できます。

是非ご利用ください!!

スクエアという命名は、もちろん
N.Y.タイムズスクエアから(笑

徳島一の通行量の交差点(多分)やし
ええよね(笑



posted by uch at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

池田で設計させていただいて

リフォームされた家に久しぶりに。

このプロジェクトの名前は
「ゆずりは」


「ゆずりは」いうたらほれ、若葉が
出てから前の葉がな、ほなけんこの
家のな・・・

いうて説明するも、若い世代には通じ
ないことがわかって愕然!


小学生の頃に国語で習ったか、道徳か、
この詩は誰でも知っとると思とった。

子どものうちにどこかでこの詩には
ふれてほしいなあ。

・・・張っときます。



子供たちよ。
これはゆずり葉の木です。
このゆずり葉は
新しい葉が出来ると
入り代わってふるい葉が落ちてしまうのです。

こんなに厚い葉
こんなに大きい葉でも
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
新しい葉にいのちをゆずって――。

子供たちよ
お前たちは何をほしがらないでも
すべてのものがお前たちにゆずられるのです。
太陽のめぐるかぎり
ゆずられるものは絶えません。

かがやける大都会も
そっくりお前たちがゆずり受けるのです。
読みきれないほどの書物も
みんなお前たちの手に受け取るのです。
幸福なる子供たちよ
お前たちの手はまだ小さいけれど――。

世のお父さん、お母さんたちは
何一つ持ってゆかない。
みんなお前たちにゆずってゆくために
いのちあるもの、よいもの、美しいものを、
一生懸命に造っています。

今、お前たちは気が付かないけれど
ひとりでにいのちは延びる。
鳥のようにうたい、花のように笑っている間に
気が付いてきます。

そしたら子供たちよ、
もう一度ゆずり葉の木の下に立って
ゆずり葉を見る時が来るでしょう。




歳か?(これはわいです笑)





DSCF2569.jpg
これもそんなモノのひとつ。

そのうちに印刷物になるので詳しくは
そこで!


posted by uch at 09:04| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。