2016年09月01日

オープン10日目。

駐車場、けっこう車あるな?
思いながら入ると・・・

IMG_6927.jpg
満席!!(中の写真は撮れんけど)
ふえーすごーい!!


この(写真無いけど)
「老若男女感」がええなー


職場の集団。
おばあちゃんと。
お孫さんと。
女性同士のグループ。
仕事中の男性たち。・・・
いろんな人が来てくださってます。

これ、なんともいえずうれしいですね。
いろんな人がいてこの世がある(大げさ)

IMG_6924.JPG
食べてみて納得。

右上の薬膳スープがまずおなかに
しみわたるというかやさしくんまい。

小鉢もうなぎもみな、やさしおいしい。

そば茶は急須で置いてくれるし、
旅館の朝飯?的な、「しあわせおひつ」も
置いてくれてつまりおかわりしほーだい!

店名「のうき屋米米(まいまい)」が
示しているのはこういうことやったんじゃ。

「ご飯」をおいしくいただくためのいろんな
副菜やお茶やスープやらいろいろなんやな。

「薬膳料理」を標榜してます。

阿南の竹をいろんなところに使ってます。
スープ、ドレッシング、店内に竹についての
説明も詳しく書いてある。

「のうき屋米米」は阿南を救う。


IMG_6927.jpg
かも。

場所は阿南、日亜科学の北の、
東西の通り沿いです。
西に行ったら持井の橋に行く道ね。
クリーニング屋さんの奥。
でっかい看板でてます。

朝4時半からやってます。

遠方へ出張で朝早くここを
通りがかる人。
日亜科学の社員の皆さん。

是非(笑






posted by uch at 18:07| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とても近しい人が関係する本が

IMG_6920.JPG
立て続けに。


右、編者五十嵐太郎さん
「地方で建築を仕事にする」

「何もない、理想の環境を見つけた」
島津臣志君の章です。

ほんまに彼らしい、飾らない、島津色。



左、我ら四国の建築家のいわば「ボス」
(ちゃうかなええことばあるかな・・・)
長水さんの本です。

じっくり味わいます。

二冊ともご本人から直接いただける光栄。
お二人とも、元の縁はトミヤンなんよな。
報告いかなな。なんせお三方に感謝します。
ありがとうございます。



いやー。

島津君は「初々しい若葉」、と印象をいうて
も怒りはせんと思うけど、長水さんに「円熟」
みたいなこと言うたらおこられるわな。

先日も・・・

長水さんから見たら若手の住宅を見た後で
「ものすごい刺激を受けました。勉強になり
ました。もっとがんばらんといかんねー」
おっしゃってました・・・










posted by uch at 10:23| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。