2018年06月24日

昭和湯の壁画題材ミニツアーその2

浴場壁画、第2回プレゼンを大谷焼森陶器で行い、
おおむね方向性をご了承頂いて。


もちろんまずは鉢選び。

DSCN3243.jpg
トルコブルーいろいろ。


ようけのなかから、釉薬の流れの美しい


DSCN3240.jpg
この二枚に決定。


現場行って、

たくさんの職人さんの仕事の積み重ねでできて
きているこの現場の、このまんなかに絵を描く
ことにさすがに身震いしてましたねー昭和湯の
番台犬様と名前がおなじ描き手(笑



その後は前回いけなかった津田のええとこめぐり

DSCN3275.jpg
一文字突堤と先端の灯台。
今日もたくさんの釣り人たち。


地図見てgoogleマップと照らしあわせながら
歩いてやっと発見。


IMG_1452.jpg
津田砲台場。

ペリー来航を機にはられた国としての防衛線の
一部。津田に35門もの大砲があったいたらしい。


IMG_1451.jpg
読めんか笑


前回ようみつけなんだ

DSCN3276.jpg
石将軍!

町の端に立てられていた魔よけ的なもので、
津田に三箇所残ってて、今回で全部確認
できた。


壁画、7月になったら描き始めます。














posted by uch at 14:43| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。