2018年12月13日

家を求める?

考えてみたら20年前に徳島にもんたときも
どっか徳島市内から川沿いをちょっと上った
あたり、勝浦とか、住みたいと思いよったな。

佐那河内に住み始めてみて、ものとしての家
を求めていたわけではなく、どこかにすみか
を探っしょったんやなと納得する。

歩いて通えた距離が車で30分になったけど
そのプロセスが身も心も落ち着かせるような。

家について車のドア開けたら目の前の川の音
がする。

朝起きてほの暗いあたりを見渡して再生した
気分になって、起きる時間が徐々に早くなる。



さて。



納屋に手をつけよか。

DSCN5734.JPG
1階

DSCN5768.JPG
2階

DSCN5735.JPG
はかったようにタイミングよく、「大工さんが二人
二週間ほど手があくんやけどなんかないですか?」

て笑


解体しながら考えよ。















posted by uch at 08:25| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。