2008年10月22日

ひとつめは

秋の宮村役場

取り壊しになるところを、白井晟一による客間などが
残る稲住温泉に引き取られて再建されたもの。


中身は全面的に改修されて、なんと2階は卓球の
福原愛の練習場・・・卓球台が四台あったかな。
見るところ無いかというと・・・残っていました。









081022秋の宮村役場-3.jpg
階段が。

081022秋の宮村役場-2.jpg
有機的です。

081022秋の宮村役場-4.jpg
きれいなあ。


なんとスムースな上下のつながり。


螺旋階段以外で踊り場を四枚以上に割るのはすなわち
「よくないこと」という意識があったけど、こんなに自然に
できるんやなあ。






081022秋の宮村役場-1.jpg
どっかで白黒で見たような気がするこの大きな切妻、バルコニー。


色が意外。本来はもっと茶色よりだったらしいですが。
サイズが意外。なんともかわいらしい。2階、軒先の方は
かなり低く、物置らしいです。


バルコニーの軒天からけらばまでがこの薄さでしゅっとしてるのが、
今では普通やけど当時はえらい斬新だったと思われます。木造で。


引き取った稲住温泉、すごいですね。案内してくださった
オーナー、解説してくださる言葉の端々に、白井晟一への愛情を
感じました。




posted by uch at 09:33| ☔| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても有意義な仙台だったんですね(^^)
お土産ありがとうございました。
みんなでわさび醤油でピリリといただきました。
杜の都の香り(笑)がしました。
Posted by 蒼 at 2008年10月22日 17:56
そうなんです。
じっくりレポートしていきます!

アレは、ホテルのバイキングで毎朝・・・
んまいですよね。
Posted by uch at 2008年10月23日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。