2008年10月29日

沖之洲川に沿ってたつ

tomiyan設計の「眉山を臨む家」を
見学させていただきました。





081029解説.jpg
みんな揃ったところで概要説明。

片流れの垂木構造を現しにした気色いい居間で。
空中に浮かぶ星くずみたいな(夜はそんな感じ)照明は
最近のtomiyanの得意技。電気屋さんが手作り。
・・・大変らしい(笑





081028立地.jpg
こんな立地。
水都徳島、船が浮かんでいると俄然色っぽい風景。





081028今瀬監督とtomiyan.jpg
夕日を見せたくてわざわざ見学時間を4時に設定したんやと(笑
これはしかしたしかに納得のひととき。
この後徐々に夜の帳がおりてゆく至福のひととき。

お酒ほしかったなあ・・・

右にいるのは誉建設の今瀬監督です。





この家、最近の数作の中でダントツベストです私的には。
愛情あふれてます。かっこよさに走ってもtomiyan建築は
カッコエエんですけど、こっちのほうがより「らしい」と
思います。いろんなところであえて「はずして」いくのが
こういうときのtomiyan。





081028答えるtomiyan.jpg
なによりtomiyanの話ぶりがそれを物語ってます。

(この写真、プロフィールとかに使いませんか?
ものすごく「元気」が写っていて、血色もいいし(笑・・)




ありがとうございました。
お施主さん一家、しあわせですね!







posted by uch at 08:12| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何か遠い彼方に行ってたけど帰ってきました。
やっとウッチー好みの家ができました。よかったよかった。
「夜の帳がおりてゆく至福のひととき」いい言葉ですね。年いくつ?

昨夕は小生の人生での貴重な一頁「仲間との思い出」になりました。
上手くまとめてくれてありがとう。
そろそろ身辺整理をと、思っていた矢先なのでなおさらです。
額に入れる写真まで用意してもらって。。。(苦笑)
Posted by tomiyan at 2008年10月29日 14:06
「お帰りやす」という感じです(笑

もっと濃くても大丈夫ですから私は・・・
(って何を言ってるんだか・・・)
Posted by uch at 2008年10月29日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。