2008年11月01日

京都在住の

フランス人女流陶芸家

シャンタルさん

が、湯呑みを下さった。




事務所開設のお祝いに鹿児島のいづみちゃんからもらった
ひだり馬の湯呑み、気に入って、ヒビがいってもずーっと
使いよったけどついに夏に割れてしもて。

お!
家人の焼き物置いてくれていたいづみちゃんのお店、
どうなったかなあと探してみたら、ホームページが!!

「おとめ椿」
ビーズが好評と聞いてましたが、ええ感じやナア。



いやほんで、そのシャンタルさんの湯呑み、






081101シャンタルさん.jpg
ええんよなあ。


「チョットジョウモンハイテマスー」

シャンタルさんが言ったわけではありません。
なんかそんな感じかなあと勝手に。



気に入った湯飲みで飲む珈琲。
味もようなるんよなあ。



ごっついうれしいですありがとうシャンタルさん。





万年山(オープンも秒読み)文庫の珈琲、デザインは
ちがうけどシャンタルさんのんで出てきます。

これまたごっつい店に合ったものです。





posted by uch at 10:52| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秒読み…ですか?
…ですね!あわただしいはず(笑)

ところで紅茶もシャンタルさんの器を使うつもりです。
「チョトカワテマスネー」
といわはるやもしれません。
Posted by 文庫あるじ at 2008年11月02日 09:46
「ウンオイシネー」

いうてくれる日が楽しみですね!
Posted by uch at 2008年11月02日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。