2005年12月28日

建築家団体が

今の社会状況の中で「設計者の倫理」や「道徳」を見直そ
うと声高に宣言したところで何も変わりはしない。

建築基準法とその施行を厳正に、また罰則規定を強化して
といったところで、この、「儲け市場」「スピード一番」
の世の中、いわば最低限を規定しているはずの法を必要十
分と読替えるのが当たり前のご時勢のなか、諸悪を生み出
してしまえる隙間だらけの建築基準法を見直そうという機
運が高まってくるべきだしそう期待している設計従事者は
無数にいるはず。しかし全く出てこない。

今日、日本建築家協会の四国支部からの招集で松山に出か
けた。徳島から参加した富田さん、野々瀬さん、間さんと
興奮しながら今戻ったところだが、PC開くと早速今日み
んなをノックアウトした支部長賀村氏による「建築基準法
・建築士法改正草案作成の緊急動議」が送られてきている。
HPトップに張ってあるのでお読みいただきたい。

昭和27年という、戦後の復興期に施行された法律の内容
が、平成17年の今、十全でいられるはずないよな。そら。

「作品」づくりにかまけて判断力を失った中央にあしらわ
れている場合でないぞこりゃ。

ということになりまして、四国からはじめます。



posted by uch at 22:23| ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。