2009年05月20日

鹿児島時代

とてもお世話になった方から、ことあるごとに届く
「こむらさき」のラーメン・・・

高崎正治先生のところに弟子入りする為鹿児島に移住して住んでた
マンションのすぐ近くのザビエル公園で、子供を通じて家人が
知り合った方の実家が「こむらさき」で。

ほぼ休みなく、たまに日曜の夕方「こむらさき」で家族と一緒に
ラーメン食べる前後二時間だけが唯一の休み!みたいな修行生活
延々と続けてて、ほんまこの店の2階の端の小上がりは、思い出すと
今でも「オアシス感」が胸いっぱいに広がりますなー。
うわほんまじーんとしてきた(笑

ほんで、ラーメン待つ間、一杯だけ芋焼酎のお湯割り飲むんです。
というかこの一杯のお湯割りはいつもおごってくれてました。(笑
ほんでよけいんまかったんかな(笑・・・


久々に届いていた「こむらさき」ラーメン、ですからまずは
お湯割り用意せなあかんわけです(笑






090520こむらさき.JPG
おお。天文館の香り。
(ねぎやら肉やら、パックになって一緒に来ます)

お取り寄せできますよ。だまされたと思って皆さん。但し芋焼酎の
お湯割りは絶対忘れたらあきまへんで。焼酎やけんって麦とかそば
とかダメです。写真は大谷焼ですが、本来は底の厚いガラスコップが
正統です。

「ふがーっ」てなりますよ(笑









posted by uch at 07:31| ☔| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: