2009年08月31日

環境省

「エコハウス事業」

全国で20軒建築されるエコハウスのひとつ、四国では
高知、十市ニュータウンの高台に。変形で、高低差あり、
設計者ならそこに立つだけでついつい「アタマンナカデ
設計ハジメテシマウ」ような敷地。

ここの団地の奥に長水さんの木造県営住宅があると聞き、
現地確認後審査員の方々と一緒に見学に。やっぱり建築
ずきですねみなさん。アタリマエですが(笑




090831-2.JPG
これですこれこれ!

手前に鉄筋コンクリートのもあったんですが、存在感が
マルデチガウ。コンクリートが薄っぺらく見えて、サレ
て古びた木造の骨組み(見えてない部分も含めて)の、
架構(木造に一番似合う言葉やな)美が、迫ってきます。
力強く、美しい。

これでもかという通路の軒の低さ、各戸ごとのアルコー
ブによる豊かで街並み感すらある廊下(陳腐な言葉やナ)
いちいち長水さんの微笑を思い出してしまう(怖い(笑)

そのなかでも特に、「到底まねできません」と思たんは・・





090831-1.JPG

090831-3.JPG
陰の奥行きのデザイン。いや、真昼の闇の作り方?

高知のジリジリする日差しを向こうのほうにみながらも
こちらの深い陰の涼しさが際立ち、もうなんともいえず
「涼しい」(これももっとエエ言葉無いんかいな)・・・





090831-4.JPG
そうそう、プロポ−ザルの敷地はこんな感じです。

盆明けの一次審査の日のことでした。











posted by uch at 00:00| ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。