2010年01月31日

事務所の掛け時計が

めげて

梅に「なんかエエの買ってきて」

いうたら、金額のエエの(安いの)に集中したようで、
気付いたら「居間かここは!あほー!!」いうのがかけてある。

「ちょっと、一切任すけんどないかしてみ?」






で、今朝事務所に来てみると完成品と紙切れ一枚
なになに?




「事務所時計」

黒    ・・・引き立て色、既製品と比べると安っぽい
        →色数押える、視覚による品質差の少ない黒色
         赤が漆塗り風→和の雰囲気→墨汁の黒色

赤    ・・・誕生 あかり

スチレンボード・・・模型を作った時の切れ端→いくつものいえを誕生させ        ボードのハギレで包む
             
段ボール・・・ こどもの足跡の入った段ボールが下地(造形教室の)
        念入ってそう、形は胎児をイメージ、安産祈願
                


注:ほぼ梅の原文のまま


 






これだ・・・









100131.JPG
左に控えるのはガルーダ、右は事務所の「建築の女神さま」であるぞ。













posted by uch at 17:45| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、マンダム。
色に意味づけをしているのが梅君らしい。
「考える」とゆーのは非常に
良いことだと思います。

こてこて具合は別として......。
Posted by moon at. at 2010年02月01日 11:10
マンダム。ですね。
久々にyoutubeで見ました。

今の時代、なにか忘れてますな。
と、梅時計とブロンソンみて思ひます・・・
Posted by uch at 2010年02月01日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。