2010年03月14日

土曜の

市民講座

ほぼ設計者で埋まってましたが(笑
みんなある意味「ざわざわした」と思うなあ
設計者として、心が。

エコハウスといっても「設備頼り」のものから
極端に言うと「昔にかえればええんよ」的な
考えまで、実に幅広い。

高知から山本長水さん細木茂さん平山昌信さん

(お三方とも「土佐派の家」の中心メンバー、
長水さんはいわばその創始者です。)

におこしいただいて、生の話や意見を交換して、
ひとつの答えに集約できるはずもないンやけど
自分の建築考えていく為の芯を作っていくための
「ざわざわ」したものが芽生えたんちゃうだろか

いや、もともとみんな持っている「なにか」を
揺るがせられたとしたら大成功。というような、
ええ会だったと思います。

懇親会にも出た人にはもっと立体的にいろんな
「きっかけ」が出来たンちゃうかな。

少なくとも私は堪能しました(笑














posted by uch at 00:00| ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。