2010年05月19日

「脱兎」

っちう言葉になるくらい動きの「速い」野うさぎ。

は、現世とあちらの世界を行き来できる「使者」と
考えられて・・・と師匠に教わりました昔

野うさぎがピョンとまたぎ飛んで姿を消しそうな









100519.JPG
花の海にかかる桟橋







現場事務所と境内を仕切る花壇にかけられた足場板なんやけど
わたるたび不思議な気持ちになるなあ。







100519-2.JPG
ね?













posted by uch at 08:09| ☁| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
反転画像は、まさにパラレルワールドの様相ですね
彼岸は此岸…
世界の分かれ方は、ただに橋のむこうとこちらではないような…
踏み外したら、どこかほかの世界へ行ってしまいそうです…
Posted by 文庫あるじ at 2010年05月19日 22:10
一瞬、夢かと思た。
Posted by センターおやじ at 2010年05月19日 23:14
踏み外したらよそいってまうような怖さが
あるんですよたしかにあるじさま。ソーカ
コトバニスルトソウイウコトダッタンデスネ

センター氏、エエ具合に酒がはいっとるな?
ちゃうか(笑・・・新鮮な感性ですなあさすが

Posted by uch at 2010年05月20日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。