2011年04月13日

こないだの

バスの新聞記事が結んでくれた「縁」が、四会の会、徳島建築の木造化、
震災復興支援などなどをひとつに結んでくれるかも。

上勝町は、父親が正木ダムで関わった、ある種懐かしい場所。

長期短期両方の視線で考えて、しかしやるべきことは究極的には同じ。





110313.jpg
見学した最小限住宅。

やはり住んでわくわくする、うれしい、ことがとても大事やな。
たとえ仮住まいでも。

つまり、いっつもしようことそのままを、量産に、システム化に結び
つけるということやな。



















posted by uch at 00:00| 徳島 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。