2011年04月18日

建ってから

数十年から100年経った古民家のリフォーム。

古民家に限らず、ある家を、今の、今後の家族構成や
住まい方を考えながらどないできるんか考える。

抜けない柱、触れない部分がある分、かえって自由、
というか、不自由の自由、というか。

白紙の上に考えるのとはまた違う、無数の制限のかかる
迷路の下に隠れている別の家を掘り出すというか。

これはおもっしょい仕事やなあ。

て、びっくりさせたくてするンでないけんど(笑









posted by uch at 07:00| 徳島 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピンクのお尻の花柄が見えました
Posted by 正明 at 2011年04月18日 16:13
きれかっただろ(笑
Posted by uch at 2011年04月18日 17:33
花柄もデザインしたんですか
Posted by 正明 at 2011年04月18日 18:17
一瞬、「エロコメント」にまともに返してるのかと思ったのは僕だけですか?
Posted by moon at. at 2011年04月18日 18:28
海部観光ですけどなにか
Posted by 正明 at 2011年04月18日 18:41
いや.... 冒頭の
「ピンクのお尻の花柄」というのが
本文と絡みが無かったので....
一瞬だけ勘違いしただけなんです。
Posted by moon at. at 2011年04月18日 18:58
いや、花柄とか外観の監修、サインなんかは
グラフィックデザイナーの大東さんです(笑

→KING、確かに絡み無いですね〜
ま、家族通信代わりみたいなもんで、失礼!(笑
Posted by uch at 2011年04月18日 20:17
失礼しました。
Posted by moonat. at 2011年04月18日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。