2005年02月28日

高知でほら、

イベントがあったがやき。

五台山の上に牧野富太郎の記念館があるやいか。
あそこでよ、高知の設計者らーが集まってねえ、
展覧会兼相談会みたいながをしてよねえ、
土日で五百から客が来よったがでー。
「まっことかや?」言うわねえ。

まあーみなまた本気ながでー、来ちゅう人らがよ。
言いたいこと「ばっしばし」ゆうてねえ、徳島から
来ちゅう内野らーゆうがもどない思たかねえ。

けんどあの内野ゆうがも昔高知に
おったらしいき、懐かしかったがやないー?
来ちゅう客とほら、初月小学校の話でもりあがっちゅうが、
みな聞いちゅうろおー?。

だいぶ飲んだ言うきねー、一日目の晩にほら。
「酔鯨亭」でよー。途中から杢設計の高橋と一緒に飲んだ
いうやない。
鯨の皮をよ、「こりゃたまらんきー!」
妙な土佐弁使いよった言よったねー。
土佐の酒「酔鯨」、どっか酒屋で買うて帰った言よったでー。


高知の縁が復活して、どんどん高知に行けるようになれば、
ほんまうれしい。みなさま、ありがとうございます。
土佐弁、ええわあ。三十年数年ぶりに、イベントの最後のほうでは
すこし出ていました。

いやいや、うれしいです。高知。










posted by uch at 23:29| ☁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。