2006年08月30日

倉敷。

「妻入り」の町並みは、わが徳島の脇町や
撫養街道など「平入り」を見慣れた目には
どちらかというと落ち着かない。



ただ、妻入りだけに隣戸間いろんなとこに隙間があって
そこを生かしたエントランスや単なる「ずれ」が
ミョウに面白い。

0608286.JPG
0608283.JPG
0608282.JPG


三彩風の釉薬のかかった瓦と、橙色系の土壁が夕日に染まる

0608281.JPG

「有隣荘」
白壁と瓦のモノトーンな町並みの中にあって、
橙+緑のきらめきがたまらなくゴージャス。



きれいにタテヨコ同じピッチで打たれた塀の角釘。

0608284.JPG

最上段のサビが流れ、二段目とひとつになって黒い筋が
太くなって、三段目がまた・・と、サビの流れによる
グラデーションのついたストライプが「美しい」



「美観地区」に足を踏み入れた瞬間、
ぶあさぶあさとゆっくり羽ばたいて「スタッ」と
酒屋のパラペットにとまった


0608285.JPG

おおおーきな鳥(なんでしょう?)

おたのしみ(?)酒肴画像は明日・・


posted by uch at 08:22| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごいさぎでしたっけ。
ドブで遊んでる時と、えらいちゃうわあ。

素敵な写真やと思います。
Posted by メグ at 2006年08月30日 18:55
そういう鳥なんですね。
川の上を「ばっさばっさゆらー」と、
ゆったり飛んでいきました。
Posted by uch at 2006年08月30日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。