2011年10月31日

いよいよ

徳島入り、いよいよ講演会、グランヴィリオホテルへ!


の前に。


五分くらいありそうだったので保育園を見て頂くことに。
どんな風に感じてもらえるのか・・・。

駆け足でぐるっとみて、午睡真っ只中で静まった園内、
残念ながらJack's Hallを駆け回る子供たちの姿は見えません
でした。


ホテルに向かいながら


「特殊な立地ですよね、周りは工場や研究所。あの軒下は
 緩衝地帯ですか?あの部分の折版屋根が効いてますね」

なるほど。たしかに内外の緩衝地帯のつもりはあったけど、
折版という素材の選択を、周辺の特異な環境と保育園という
優しい空間の媒体と見て貰えた訳ですね。


そうだったんか!(笑


いや〜有意義な五分間でした。ほんまに。
まだたどり着かない。講演会に(笑・・・





111031.jpg
この日のビーンスターク保育園とくしま




「フクシマトクシマの会」ブログはこちら
ゆりあげ再興
医療とタッグで健康まちづくり







posted by uch at 00:00| 徳島 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。