2012年01月18日

建築に

かかわる人だけでなく、いろんな人とともにいえづくりを考えていく。

設計者の一人よがりにならないように、いえを持ちたい人と、
話し合いながら、いろいろわかりあいながら考えていく。

「だからなに?」と聞こえるかもしれんけど、
そういうところに答えの一つが見えてくるかも知れん。

「こうでなければならない」を、ときほぐしてみる。

適正な価格(安いだけではなく)を追求する。

いえづくりの決まりごとを解体してみるというか・・・

また、これからの「住宅」のあり方、意識は確かにみんな
かわって、模索していく中で・・・


自己否定につながるかも知れんけど、仲間達と何回も
何回も話していくうちに、「まず始めてみよう」と。




120118.jpg
ZA Tokushima house始動しました。

28日のそと座、参加ご希望の方お知らせ下さい。
あんまりたくさんは入れませんが・・・

HPはこちらです。



「フクシマトクシマの会」ブログはこちら
フクシマの阿部さんから。

「我々は予測して全ての建材の汚染値を確認していたけど、
これから大問題になる」と聞いていたことが現実に・・・









posted by uch at 09:36| 徳島 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。