2012年03月31日

おいしく

頂きました。
これから先なんかいも開くことになるであろう作品集。


もうお分かりでしょうが(わかるわけ無いけど(笑))







120331.JPG
長谷川豪さんのでした。



えっと。「コンセプト」ってなんだったっけ(笑

「で、コンセプトは?」みたいなコトをいう人は多いし、
それが語れないと建築じゃないみたいな気持ちになるし。

たてたコンセプトがあってそれで編集された建築を、というか
そのコンセプトから「外れないように」建築を操作して、辻褄
あわせていくとき、建築が建築らしくなくなったり、「えっと、
だから、なに?」みたいなことになってしまったり。

様式なり、在り方なり、言葉で表現できて、理屈をつけられる
ことや、文章読んでなんとかわかった気持ちになって、むしろ
わからない自分はあかんやつみたいな気持ちになったりしたり。
が、大事なのではないな。あたりまえか(笑

作品ごとに文章がついていて、それがおおむね10行以内の、
いうたら「めんどくさくならない長さ」の「ややこしくない」
表現の、というか、これ、ただの説明文でないで(笑

与えられた条件からあるべき建築を構想して、スタディして
スタディして、やってやってやりまくって、姿を現した実物。

そこで起きていることを、坦々と説明する文章。平易な言葉で。
でも、頭の中に広がる建築世界はめっちゃ豊か、しかし、実物
はまたホワイトモデルのように無言で(最近のはそうでもない)
でも、そこにある空間は見たこと無い世界であることは、見た
だけでわかる。何言ってんだか(笑

考え抜いた建築は、建築が語るんやな。ほなけんあたりまえなん
じゃってほれは。てことやな。ことかな・・・。



長谷川さんに、「なんでこうなってんですか?」て、聞かれて、
(聞かれんけど(笑))、ちゃんと涼やかに答えられるように、
わたしはなりたい。と、建築の果てしない楽しさ嬉しさをあらた
めて確認した作品集です。


ありがとうございます!!

「建築頑張ろう!!」
(昨夏工大で、氏が去り際に学生達にこぶしを突き上げて叫んだ言葉(笑


・・・上の、作品集の写真の撮り方が恥ずかしくなってきた(笑





posted by uch at 20:01| 徳島 ☀| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。