2007年01月13日

先日の

「建てようネット新年会」

みんな「今こっていること」で少ししゃべれとのこと。
またそんなこと言う・・・。

最年長富田先生からはじまって、ということは設計者中
最後から二番目。長いなー待ち時間。

「ドキドキしてきたらワインを一杯」のペースで緊張を紛らわし、
どうにかしゃべれる程度の酩酊状態をつくる。



今、というかやっぱりずーっとこっているのはギターで、特に
バンドをしてない間もオークションで面白そうなの入手したり
改造したりはしてたけど、先日の「シンリジーライブで使った
ギター」の話をすることに。



来月竣工の「古色のいえ」のご主人から、昨年秋に
「これほっとくのもったいないし弾いてくれるで?」と
チェリーサンバーストのレスポールを渡される。本物ギブソン!

長年ケースで眠っていたものらしい。ところで自分のメイン
ギターは、高校一年生のときに買った日本製のゴールドトップ。



最初そのチェリー君弾いたときは「うわなんかごつごつ
しとうなあ弾きづらいかもなあ」思ってました。

が、スタジオに持ち込んで弾いているうちになんか音も
どんどん良くなってくる感じやし「いけるかなあ」思い始め。



ライブの前日、「弦切れたときのためにスペアいるよな?」
となって久々に自分のゴールドトップ引っ張り出す。愕然。
「え?これおもちゃっぽい!」あんなに好きだったゴールド君、
いきなりみすぼらしく見えてしまった。



・・・本物は本物やなあ。
建材も正面から本物ちゃんとすすめられるまっとうな
設計者にならねばと、ギターで学んだのでありました。


070113レスポール.JPG

なんか見た目からもう「ええ感じ」に脱皮してるし。
最初の頃に比べて。



夕べ打合せでオーナーにその話したら、「あげんよ!」と
何度も釘を刺され・・・



ああ、本物欲しい。本物、ほんで調教したい。
混迷を極めるクルマ問題にも一石でしたこれは。







posted by uch at 10:32| ☀| Comment(15) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シン・リジィライブで使用されていたギターですね。
外の出音も艶があって良かったですよ、特にシングルノートを弾いてた時に!

そのギターずっと眠っていたって事は長く電気通して無かったんですよね、、。

内から外から全てセッティングし直したらとんでも無いギターになるかも知れませんね、いいなぁ…。
Posted by sengoku at 2007年01月13日 16:16
お〜 極上な品格が!
当初の写真拝見いたしましたが、じぇんじぇん別モンですよね!
Posted by kon太郎 at 2007年01月13日 16:57
Sengokuさん書き込みありがとう!
音良かったですか。自分に返ってくる音も
なんかえらい艶っぽいなと感じてました。

しかし!人のなんです・・・
今無性に自分のが欲しくなってます。

combatでレスポールもありましたねー
早速無料見積してみるつもりです(笑!

Posted by uch at 2007年01月13日 17:07
kon太郎さん、そうなんです。
なんなんでしょう?電気通して、木目も音も
生き返ったかのような激変ぶりです。
部品外したりも少しはしてますが・・・
Posted by uch at 2007年01月13日 17:09
欲しい!って熱意が、まだ充分に
届いてないんちゃいますか?

泣きおどし。
ギターの音と、お酒で酔わせて、「うん」と言わせる。
すごむ。
色仕掛け以外なんでも、してみましょうよ。
Posted by メグ at 2007年01月13日 20:35
メグさん、なるほど・・・しかし、
ギターの音聞かせると、「ヤッパリダメ」に
なりそうな気が・・
Posted by uch at 2007年01月13日 20:47
ギター自身が、行き先決めそう。
愛されてるところへ。
Posted by メグ at 2007年01月13日 21:01
略奪愛って、ありませんかねえ。
Posted by メグ at 2007年01月13日 21:03
気持ち、すごくわかるわ。
ろくに弾けん自分でも、いまだに
楽器屋やハードオフで「本物」達を見ると
「買っちゃおうかな」と思ってしまいます。

で、結局「自分に弾かれる楽器が不幸」
と思い、思いとどまってます。

弾ける人ならなおさらやろうね。

ぜひ、車もギターも本物を。私はそれを
拝みに行かせて頂きます(笑)
Posted by センターおやじ at 2007年01月13日 21:37
 なるほど、そうでっか・・・。(突然登場)
ほな、「いらんわ!こんなもん!」と突き放す作戦!は? ほしたら・・「え〜っ?そうなん?」みたいな感じで、逆にギターをもらってほしくなる心理が芽生えるかも・・・。(ないか?)
 とにかく、チェリーサンバーストの79年製レスポール「Gibson」がたまらなく欲しくなってる気持ち・・横で弾いてる僕には、よ〜分かってます。この気持ちは、もう止められません。
チェリー君を取るのか?それとも、他をあたるのか?「ほな、どないするんなだ・・」(A氏の口調で・・)それではまた・・。
Posted by taisa at 2007年01月14日 01:40
このビンテージ感溢れる画像が皆さんに
コメントさせるんでしょうねー。

今、サラ買って、二十年寝かしてたら60代ですもん。
それは待てんよなー。

二十年前私の手元を通り過ぎていった
(そのときも本物がわからす・・・)ブラウン君が
大佐のもとでものすごええ感じに熟成しているのを見ても
やっぱオールドってオールドなんよなあ。
Posted by uch at 2007年01月14日 07:32
お初ですな。
これだけのコメントについ反応しました(笑)
ギターは蘊蓄でもなく建築家と同様に「出会いです」
一目惚れもするし、気が合わない時もあります。
こうなってくると,中々ほかのものをとなっても難しいですな。
こうなったら,何としても譲ってもらう!要するに人の奥さん攫ってくるようなものですが.....
今日は取り急ぎという事で、
また機会があったら色々お話しましょう!
今度のジャズストに出ますんで良かったら見に来てくださいね。
Posted by kimoty at 2007年01月14日 08:28
kimotyさんようこそ!
おお、Sengokuさんに続きまたまたごついギタリストの
登場です(ジャズストどこでしょう?行きたいです)

やはり直談判でしょうか。
オーナーみんなのコメント読んでくれてるといいんやけど・・
Posted by uch at 2007年01月14日 09:48
ブログと書き込み拝見しました。
反響の大きさに驚きの一言です。
「ほっとくか」と思ってましたが、
コメントするのが義務みたいな気も
してきました。
まず、自分のレスポールが二十数年ぶりに
再びステージに上がることが出来たなんて
夢のようです。
uchさんには、感謝の気持ちでいっぱいです.
長年ケースで眠っている彼がとても不憫に思い
「ええ奴がおったわ」的に
uchさんに託したのでした。
でも
譲ってくれといわれると
やっぱNOとしか答えられません。
主な理由は三つ
@あのレスポールにはたくさんの思い出が
 詰まっているので簡単には手放せない
Aエアーギター名人の息子が本物を欲しがる日が来る。
 「ワイのストラト息子が弾っきょる」
 なんて聞くとうらやましすぎる。
B昔のバンド仲間から魂を売ったヤツと罵られ
 生きてゆくのはツライ
Uchさんの気持ちもよくわかりますが
ゴメンほかをあたってください。


Posted by オーナーH at 2007年01月18日 17:02
ほかをあたります。
つい一昨日セッションにあのギター抱えていきましたが
あれが最後ということにして、さああああ!!!!
出会い求めて終身ギター探します。

「あれの子犬待ってます」。とはなりようもない、
一品モノ、職人技ですもんね。
Posted by uch at 2007年01月19日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。