2013年01月29日

建てようネットで

リフォームの設計をさせていただいた「めぐる家」の取材があった。

築30年の鉄筋コンクリートの家で、内装はほぼ全部やり変えたのと
居間に和室を増築(10u以下)。

金本氏とライターの方と三人でお邪魔していろいろ話を聞く。

お母さんいわく
「オール電化にしたらどんだけ電気代かかるんだろと思とった」
「ほれが、ファンヒーターも使わんようになって灯油買わんし」
「エアコンつけるんも減って」
「灯油とガスと電気で今の時期5万円いんりょったんが2万円ちょっと」

おとうさんいわく
「夜中にトイレいくんも床冷たあないし寒うないな」

エコ改修になってますね〜

・床はほぼ全室杉板張り
・居室の窓は内側にペアガラスサッシを追加(インプラス)
・壁天井は紙クロス(ラフファーザー)
・天井を可能な限り高く・・・などなど

表面温度計で早速実測(笑

居間の既存サッシのガラス面9℃
内側のペアガラスサッシのガラス面18℃!!

暖房していない場所で
クッションフロアの床9℃
合板フローリングの床9℃
杉板の床12℃

測らなくても、既存ガラスはひや〜っと不快だし、
合板フローリングやクッションフロアは明らかに冷たい。
杉はやさしくあたたかいけど傷はつきやすく醤油でもこぼしたら大変
どっちをとるかは用途目的主義次第ですが・・・


ちなみに今朝の事務所の玄関まわりの

IMG_1675.jpg
ガラス面14.6℃

IMG_1676.jpg
杉の柱面15.9℃

です(笑







posted by uch at 11:40| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。