2007年01月29日

工場(こうば)へ来て

「かんなくずちょうだい」いうてもって帰ったと思たら
こんなんつくってきたんよー



070129灯かり.JPG

きれいなー・・・やわらかい光・・


中山棟梁の友達の表具師の「ワザ」

なお表具とは、「紙・布などをはって、巻物・掛け物・帖・
屏風・ふすまなどに仕立てること」です。

和紙に張って立体的に折って作ってあるようです。
上の口のあたり、繊細で美しい。

三好の洲津(しゅうづ)、祥栄堂の山田さん作。
これは使えます。どうでしょうみなさま?





posted by uch at 07:18| ☁| Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボワーっとした灯り具合がいいですね。癒されそうで。
オフィスの夜の灯火に欲しいです。
Posted by at 2007年01月29日 10:10
 祥栄堂やったか知ってますよ。
だらだら坂の下よりの道沿いのお店。
池田の事業で「飛び込み」で「企業ガイド」に店の広告を掲載させてもらいました。
器用で美的な作品が店内にゴロゴロしていました。
 こんなステキな創作家具を作っていたんですか。こんど寄ってみます。
Posted by kamui at 2007年01月29日 12:35
非売品でしょうか?
いいですねえ これ
Posted by kon太郎 at 2007年01月29日 22:42
一目惚れしました。
今度、お店の詳細教えてください。
Posted by センターおやじ at 2007年01月29日 23:41
おーやはり反響ありますね。感じええもん。
詳しいこと聞いときます。ちなみにこの「書」も
山田さんとのこと。達筆すぎて読めません。
「花」?
Posted by uch at 2007年01月30日 08:44
すっ,すげえ!
匠じゃあ・・・。
Posted by あまのジャック at 2007年01月31日 04:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。