2013年02月22日

勉強会のお知らせ

3月5日(火)に建築学会の勉強会があります


20130222093607_00001.jpg

20130222093607_00002.jpg


この度、建築学会の若手研究者の委員会である
「計画系災害研究ストラテジー若手奨励特別研究委員会」
のメンバーの方々が来徳されます。

この委員会は、東日本大震災以降、研究者による
さまざまな調査研究や計画策定が行われている
中で、それらを総合的統合的にレビューすること
で今後の効果的な研究に生かして現場に還元する
目的で立ち上げられたものです。

リーダーである北海道大学の森先生は、現在、
宮城県気仙沼市小泉地区において住民発案による
高台への集団移転の取り組みを協力・支援されて
います。また、津波・集団移転の先行事例であっ
た奥尻の調査もされており、建築雑誌等でも執筆
されています。

委員会メンバーの研究対象は、地域計画、都市
計画、住宅地景観、農村計画など多岐に渡り・・

これは木造建築研究会で木活協の支援を受けて
研究した県南漁村の先行高地移転プロジェクト
「こうのすまい」に意見をいただくまたとない
チャンスと思い、その勉強会での話題提供に手を
あげました。

「こうのすまい」の前に、美波町の小坂さんも
ご自身の取組みについいて話されます。

皆様是非ご参加下さい。

チラシの二面目を打ち出して、記載のあて先に
ファックスかメールでお申込下さい。懇親会も
あります。

よろしくお願いします!




posted by uch at 09:49| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。