2013年09月24日

鎌倉の

神奈川県立近代美術館でレーモンド展を見たのは
2007年!!ブログも書いてました。



この夏、
レーモンド建築のフトコロに入って、レーモンド
建築を学ぶ機会を与えてくださる方が現れました。

レーモンド邸と、その写しである井上房一郎邸。

そのエッセンス、雰囲気を徳島で再現して欲しい
と。燃えますね。まず、よくオリジナルを知る
ところからやな。

カタチのコピーを超えないと雰囲気も白々しいん
だろなあと思いながら基本計画中。





130924.JPG
最初のモデル

残っている資料の断面のプロポーションをそのまま
立ち上げただけでこの気品。

高崎市立美術館に寄贈されて今も見ることができる
井上邸に行ってみます近々。

丸太の建築。間伐材を使いつくす構法を。山本長水
先生の「かたつむり山荘」にも異常接近できそう。





posted by uch at 16:50| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。