2007年04月03日

ユネスコ本部の

庭園、その造園職人として、彫刻家イサムノグチと
パリに滞在、腕を振るった方、徳島人です。




今日、建物配置を詳細に検討するのにスタッフと
平板測量していたらそこのお父さんが、


「おー今でも平板でいっきょんで」

「いやぼくやがするんはほんな精密でのうてええけんねー」

「使いよったやつあげよか?レベルも簡単なんだったら
あるじょ、もろてくれたら助かるわ」



・・・おーーー!!!思わぬトレジャーゲットですー!






070403.JPG
その方がパリ後にバリバリ造園業をやられていた時代の、
アリダード・レベル・箱尺それにほんまに黒の黒板などなど・・
漢数字ですよ黒板の日付が。




「いやほらつこてくれたほうがええんじゃけん。」


大事に使わせていただきます。アリダードもレベルも
ブラック+オレンジ(あ、あの会社の色じゃ)のツートン。
きれいんだこれがまた。



そして「万年山文庫」外構は、お父さんとのコラボです。
そう、この方こそは『万年山のお父さん』なんです。
(勝手につけました、今)

んーあんましさわらせてくれんかもなー・・・・
・・・いやがんばるでよ!







posted by uch at 00:00| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
測量行っていただいたんですね
ありがとうございます。

それにしても、「頑迷固陋」という言葉は、この人のために古人が作っておいてくれたんちゃうかと思います。とくにこのごろ。

ご苦労をおかけしますが、よろしくお願いします。
Posted by 文庫あるじ at 2007年04月04日 09:59
うわぁー!めっちゃうらやましい!相変わらず宝探し上手やなぁ。そういう「場」に居合わせるのもウッチーの「徳」ですな。僕もイサムさんと仕事をしたといわれるその方の記事を以前に見たことがあって一度お会いしたいなぁと思ってました。また話聞かせて下さい。
Posted by moonat at 2007年04月05日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。