2013年11月06日

エピソード1

2001年やから12年前ですね。

アークホームの本田さんの誘いで、一緒にスカルパ
ツアーに参加した。(本田さんも二年前に他界・・)

感嘆しながらスカルパ建築の数々を巡る中で、
「トミヤンの世界」に感じ入ったベネチアの夜。

中華かなんか食べた後、サンマルコ広場で小編成の
クラシック音楽聴きながら飲んでたときのこと。



010503-06ヴェニチア・記念撮影.jpg
右端の、アコーデオン(で、ええんかな)を弾く
若者に心奪われたトミヤン、物語を紡ぎだす。

彼はな、ホンマに音楽が好きなんよ。
苦労しとんよ。努力して、頑張ってな、ついに
ここで演奏できるようになった嬉しさに溢れとる。
ええ顔しとるでー。見てみ、ほれ・・・

彼の今夜までのみちのりがトミヤンの頭の中で
リアルに描かれてるわけです。

彼も演奏も良かったけど、隣にいるトミヤンの顔
を見つめてしまったのはいうもでもありません。

愛情溢れるこの思考回路で、「トミヤン建築」
はまた、紡ぎだされるわけやな。うーん・・・



ほんで、演奏終わったら、
「うっちゃん、ちょっと彼呼んできて」て・・・

ヴェニチア・インターナショナル・パフォーミング・オーケストラ、ロマン+富田.jpg
二人で記念撮影!!!

こういう、初めてあった人でもなにかトミヤンの
アンテナに触れる人には即、感情移入して、語り
あう、深く知り合う、友達になる、場面、いっぱい
見たなあそばにいて。もちろん旅だけじゃなく。





そうそう「トミヤン文庫」に、スタッフが写真
飾ってくれました。





IMG_9433.jpg
伊月さんの「cow house」見学会でのトミヤン。
なぜか遠くを見ています。

IMG_9435.jpg
後ろに並ぶ文庫の書籍の数々、そうそう簡単に入手
出来ない本がたくさん。

貸し出しますので寄ってみて下さいね内野設計に。
日本の、四国の、徳島の、建築、文化、民族、宗教
石、歴史、などなど、貴重本がやまもりです。







posted by uch at 11:09| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。