2014年01月06日

12/6から

1/6という、一年で一番騒々しい年末年始を挟んだ
期間で募集された、これからのエネルギー政策に
関するパブリックコメント。

知人の情報で知って、ギリギリ意見を送った。


「他国との関係が地球上の全ての命より重い」
としか読めないその内容に、自分ひとりが何を書い
ても、と思いながら、でも書かないと、と・・
他国との関係を是正するにはどうしたらよいかと
いうことはおいといて、こうなんだから仕方ない
ということが繰り返しくり返し書かれている。


今日、福島の辺見さんから届いたメッセージを
紹介します。

「新年の思い」

うまくやっていくにはこれしかない、という論法
ではなく、そもそもどうなのかという絶対的な
ことを論じないと、と、いう当たり前のことを、
考えさせらます。




posted by uch at 18:22| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
「新年の思い」拝読。写真の違いに少なからずショックを受け、これも風化しないように、喉元過ぎれば熱さ忘れる、ではないけれど。「するべきこと」「できること」に思いを馳せてみますが、今日の仕事始めで息を切らし、日々の問題を抱えて右往左往の無力な自分も痛感します。

絶対的なことを論じる、まさに!!
Posted by 三島佳織 at 2014年01月06日 19:00
写真見ても直後に忘れられる我々と、
毎朝晩、というか24時間その現実の
中で生活する皆さん。ですね。
Posted by uch at 2014年01月06日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: