2014年06月22日

やっとできましたね

「富田眞二を偲ぶ会」

黙祷でまずトミヤンに降りてきてもらって始まり。

みなさんのあいさつや思い出話でトミヤンの姿が
立体的に像を結んでゆく。ざわつくこともなく、
みんなが自分の中にいるトミヤンを思い出しながら、
たぶん笑顔で、自分の知らないトミヤンばなしに耳を
かたむける。


・・・
すべての人に、もちろん建築に、真摯に向き合って、
向き合い挑み続けてそのままいってしまった。

トミヤンの、人に対する愛情、建築への思いは、
なくなる瞬間まで変わらず、生涯、これだけ多くの
人々の中に、さまざまなかたちで何かを刻み付けた。

最後の新井建設社長の、晩年の同志としてのそんな
言葉で、みんなのかなしさやさびしさややるせなさが、

「トミヤンありがとう、おつかれさま」

という、はれやかに、トミヤンの生きざまを称える
気持ちにかわったな。場の空気もあきらかに。

みんなの話をきいてたぶん涙でくしゃくしゃの
トミヤンを天へおくりかえすために、偲ぶ会には
ちょっとあれやけど、万歳三唱で終わりました。


私が言うのもおかしいですが、みなさまほんとうに
ありがとうございました。

何人かの方々がおっしゃってましたが
「トミヤンだったらどういうと思う?」という
「問い」をわすれないでいよう。

みんなの中で生き続けるわけですトミヤン。

トミヤン、ありがとう。乾杯!


uch










posted by uch at 19:43| Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出席できて本当に良かったです。「夢」は常に途中なんでしょうけど、「歌」になると広がりますね。バンド演奏良かったです。
富田さんのスライドを見たらご自身とかかわりあう人たちの惜しむことない時間の共有ができていたことは最終的に寂しさはなかったんだろうと思いました。お疲れ様でした。ありがとうございました。
Posted by kimoty at 2014年06月23日 10:35
kimotyさん、よかったですよねほんまに。
みんなでゆっくり送ることができました。
ありがとうございました。
Posted by uch at 2014年06月23日 12:18
uchさん
21日天津でkimotyさんのfbによって
「偲ぶ会」の様子を知りました。
富田さんの「夢の途中」の初演は
松岡町内会だったと記憶しています。
天津の車の中でつい口ずさんだら
目頭が熱くなってきました。
Posted by kamui at 2014年06月24日 09:32
そんな前からですか夢の途中・・・
報告会しましょう。
Posted by uch at 2014年06月24日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: