2014年10月17日

県外からの

お客さんがあると必ずお連れするのが
15番札所でもある国府の国分寺。
青石の爆発を見てびっくりしてもらいたくて。


昨日はご住職の解説付き!!


東から見て右の石組みが中国の五老峰を模した
ものではないか?庭のつくりは桃山時代のもの
だが発掘調査では今見えている庭は江戸時代
末期に大修復されてものであるらしいこと、
(深いところにその前の築山のあともある)
石組みの橋は中国でいう天生橋としてつくら
れたものであること、などなど・・。

天生橋は、自然の力でできた橋状の地形のこと
で、日本では天然橋ともいうが、天然ではない、
自然の力が働いて生まれるものだから、天然
ではなく天生である。(天生橋で画像でググると、
国分寺でてきました。)とのこと。

石組みの読み方も場所場所で解説して下さり。



本堂「瑠璃閣」も開けてくださいました。

4.3mのたて石。
IMG_2135.jpg
これが東の庭から瑠璃閣越しに見通せます。


IMG_2136.jpg
龍です瑠璃閣の天井画。


かつて阿波には三重の塔、五重の塔、七重の塔
があったそうですが、七重の塔は国分寺伽藍の
IMG_2132.jpg
一部だったようです。


庭の奥には柵があって入れないのですが、運よく
ご住職がいらっしゃったら、お願いすれば入らせて
もらえますし、解説もして下さるかも。


ここと「第十の堰」は、はずせない徳島の名所やな。





posted by uch at 07:51| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瑠璃閣ごしのたて石、すごいですね!!
天井の龍も知らなかった…

県外のお客さんには、国分寺と第十の堰、同感です。
それにひょうたん島クルーズか。
Posted by 文庫あるじ at 2014年10月18日 10:18
今度行かれた際にご住職にお願いしたら
見せてもらえると思いますよ!

お父さんと行かれたらさらに面白いかも。

あ、お客さんにいつも、「万年山文庫」
という眉山のふもとの茶房があるんです
けど、休みなんですよね今日・・・
て、何回言ったことでしょう・・・!!!
Posted by uch at 2014年10月18日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。