2007年05月30日

たてつづけに

大幅な予算オーバー

どちらも鉄骨。昨今の石油高騰の影響をモロに受けてか、
以前の単価感覚と全く違ってしまって戸惑う。

設計を予算内で成立させるため、
どちらも思い切って木造に変更する。

鉄骨の長所、柱をとばした大スパンだったけど、
間仕切りをうまく使ってかえって「堅固な木架構」に。

重量鉄骨の宿命「柱型」がなくなって、「いつもの感じ」
のしゅっとした内部に気持ちも落ち着いてきた。

建築が「手の内に戻ってきた」ような不思議な感覚がある。
飛行機乗ってるときに「ああ、自分ではどうにもできない」
と感じるあんなよそよそしい感じが薄れてきた。

鉄骨でなければならないものは別やけど、
法的に可能なものは「やっぱりまずは木造で」と思いなおす。


posted by uch at 10:07| ☔| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄も銅も今は鮨屋並に"時価"らしいですね…
行きつけの電子パーツ屋さんも"見積もりが出来ん"と嘆いていました。

でも、それで"及ばない"ところから"及ぶ"ところに来れたのは、何かの思し召しかも知れませんね☆
Posted by 馬車猫 at 2007年05月31日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。