2007年05月31日

文章を読んで

絵を描こう!
昨日の高専の景観工学の授業で。




070531高専絵.JPG
いろいろです。性格とか判定できそう。


しゃきしゃきした子は意外と事物の記憶が定かでなかったりすると
一筆目がなかなかでない。ちょっと内向的な子がするすると描きたい
ように描く。

人の気配が全くしない絵
あ、こいつ孤独なんかな?と感じる絵
なんか知らんけど何かがほとばしっている!絵
ものすごいロマンティックな絵。

もうちょっと描きだー
「いっしょけんめいさ」しか評価ないけんな

とかいうてると、やっぱりみんな描き込むほどによくなる。


ところで・・・


知識があるから「風景」になる

それ無しではそれはただの「環境」

和辻哲郎が西欧で「自然的」とみた草原は、
長年かけて人間が作り出したものに他ならない

「白樺林」が、「いい感じ」に日本で認識されはじめたのは
国木田独歩の「武蔵野」から

幼児には独特の直観的記憶力がある

聞くだけで頭に情景が浮かぶ「地名」

日本で言う「借景」において、「間」は見えないままに、
しかし存在している。


これらは昨日の後半につかった資料の内容です。
「日本の風景・西欧の景観」講談社現代新書
オギュスタン・ベルグ


えーと、まとめようがないですが・・


家人の造形教室はいつも爆発的パワーにあふれています(笑









posted by uch at 09:58| ☔| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海に張り出した岬に立つ灯台、その向こう、水平線に沈む夕日といったお題だったんでしょうか?

同じ風景でも今までの経験(実体験、映画、間接的な想像など…)なんかによって"上から""右から""左から"とアングルも変わるものなんですね☆

借景、ちょっと判らないですが、間は日本人の大切にするところですし、景観にもそういうものを求めるものなんですね…。
Posted by 馬車猫 at 2007年05月31日 22:18
先月、社会学・民俗学の鳥越皓之氏の何かの文書に「文化が自然を培っていく。知識や価値観が景観をつくる…」というようなことが書かれているのを見つけて、感銘を受けたので手帳にメモったのでした。

この日記を読んで、メモったということを思い出しました(笑)
Posted by 文庫あるじ at 2007年05月31日 23:45
海沿いの岬を登っていると、海面すれすれのところに月が点滅した。昇ってきたものでも沈んできたものでもない。ちょうど暗い夜道、街灯がぱっと点くように、それは空の一角に光りだしたものだった。月は見たこともないほど大きく、陽光のように海を輝かせた。岩張った岬の先には小さな天文台があり、丸みを帯びた屋根のシルエットがくっきりと浮かび上がっていた。澄んだ空気と冷たい海が稀にもたらす、この地方独特の現象だった。

でした。
Posted by uch at 2007年06月01日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。