2016年09月01日

とても近しい人が関係する本が

IMG_6920.JPG
立て続けに。


右、編者五十嵐太郎さん
「地方で建築を仕事にする」

「何もない、理想の環境を見つけた」
島津臣志君の章です。

ほんまに彼らしい、飾らない、島津色。



左、我ら四国の建築家のいわば「ボス」
(ちゃうかなええことばあるかな・・・)
長水さんの本です。

じっくり味わいます。

二冊ともご本人から直接いただける光栄。
お二人とも、元の縁はトミヤンなんよな。
報告いかなな。なんせお三方に感謝します。
ありがとうございます。



いやー。

島津君は「初々しい若葉」、と印象をいうて
も怒りはせんと思うけど、長水さんに「円熟」
みたいなこと言うたらおこられるわな。

先日も・・・

長水さんから見たら若手の住宅を見た後で
「ものすごい刺激を受けました。勉強になり
ました。もっとがんばらんといかんねー」
おっしゃってました・・・












posted by uch at 10:23| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: