2018年03月28日

木材備蓄倉庫、まず美波町に一棟。


DSCN2058.jpg
重ね梁の切妻架構が見えてます。
ずーっと桁行き延ばせます。

DSCN2074.jpg
町の方と施工の野田さん親子。


基礎をのぞき、延べ二週間でほぼ竣工したとのこと。
四寸角の柱材、3m材が約三千本備蓄できます。

同じく重ね梁架構で構造材は柱材のみの、木造応急
仮設住宅とくしま型が何棟建つか早速試算せねば。


DSCN2070.jpg
平側。

DSCN2069.jpg
二間巾の引戸を開けたところ。
真ん中の一枚も左右にスライドします。

・・・読み流してはいけない、「3m」材。
柱材の流通材は基本3m材。
3m材で二間、三間と架構していく構法の検討を
急がねば。


やはり、


大径材の有効利用(四丁取り)



柱材だけで成り立つ構造。

が、

備蓄を回しはじめる原動力になって、林業を救う。

もう、

言い続ける(笑







posted by uch at 22:34| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。