2007年08月27日

地鎮祭で

高知行ってきました。
ほんで、「お酒は全部もってかえりやー」と、
義兄のありがたい言葉・・・(笑


奉献酒.jpg
両側、高知の人のはやはり土佐鶴ですね。文句ないです。
んまいです。

で、徳島から持っていった奉献酒は・・・
芳水?入鶴?うーむ。悩む。いや悩まない。

ここは剣菱です。よく見ると熨斗の下に見えてます。

亡くなった義父が愛飲していたのが剣菱、
生前飲みながら聞いた話、「これは丹生谷の出じゃ」
え?那賀川水系?ほれ、うちの母親の里のあたりで。

「ほんで、灘に出て行ったけん灘の酒ようにみな思とう
けどな、もとはちゃうんじゃー。」

剣びしCIMG3421.JPG
この、剣と菱のデザインがすばらしい。


地鎮祭とか上棟とか、神事にぴったりです。と思う。
徳島の出(?)やし。
(どっかに書いてある、というわけではないんですが・・
後に複数の人からも聞いた・・・)



ですから、内野設計関係でお喜びかなにかあるときは、
かならず剣菱が奉献されますのでヨロシク(?)


番匠中山のお奥さんのお父さん(書家)にお手本書いてもらって、
今練習中。「奉献」とか「内野設計」とか。
なかなかあきまへんなー。がんばります。








posted by uch at 00:10| ☁| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺もてっきり剣菱は兵庫の方のお酒だとばかり…(どこかで徳島のお酒と聞いた方を間違いだと思ってました汗)。

剣菱、今度寒くなってきた時には呑んでみます(ああ、梅錦も呑んでみたいけど…)☆
Posted by 馬車猫 at 2007年08月27日 13:16
僕は初耳です。

「徳島の“出”」というのは、本当に
徳島の造り酒屋が醸造元だったことがあるということなのでしょうか?

すごく気になります。

徳島の杜氏が…という事はないとして、
桶買いのことを言っているかもしれないですよね?

余談ですが、インターネットで調べていたら、面白い川柳を見つけました。

剣菱をひっかけて寝る橋の上

剣菱というお酒の男前なイメージとはちょっと違いますが
こういう酔っぱらいは好きです。
Posted by シライコウジ at 2007年08月27日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。