2008年05月30日

学生時代に

バイトで行っていた現場では鼻にツーンとくる青焼きだったなあ。



その後匂いのしない方式にかわって。でも
見積書なんかもぜーんぶ青焼きだったですあの頃は。

鹿児島時代の最初のころは事務所に青焼機きもコピー機もなくて
いちいち印刷やさんに走って、一枚一枚がものすごく大事なもので。
青焼きしてもいいのはお施主さんに見せる渡すときだけでした。
はんこ押して。



独立して最初に導入したのはまず青焼機。
続いて、やはりCADがいるってことでプロッター。

・・・そうそう当初は手描きでいこうと思ってました。
鹿児島時代は完全手描きでしたし。



以降も、工務店に「白焼きでええですか?」言われると
「いやなんとか青焼きで」と粘ってもきましたが・・・

プロッター、昔のペンのに比べれば早いというても提出前夜に
いつも「一晩がかり」いうのも考えてみれば時間もったいない。

去年あたりからは見積もり依頼をCDと縮小コピーで済ませる
ようになってしまっては・・・



現場に入るときに青焼き製本してもらって、現場が進むにつれて
日に焼けていってだんだん薄くなって、だんだん薄ちゃいろーく
消えかけみたいになるのと同時に実際の建築のほうはリアルに
建ち上がっていくというのがごっつい好きだったんですが・・・

でもそれも昔の話で最近の青焼きはそうそう消えていかないし。



図面もカラーが当たり前みたいになってくるとしゃあないです。
機械全部おいとくスペースないしなあ。





080530青焼き.jpg
さらば青焼き。かあ。
真ん中の白は味気ないなああっぱり。


決めてしもたらさみしいになってきたなあ。








posted by uch at 07:46| ☔| Comment(10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「図面を焼く」という作業はかなり肉体労働でもありましたよね・・
外注出来るときはこの作業から開放されるのでうれしかったです〜
Posted by とば at 2008年05月30日 08:50
新入所員の仕事でしたね。しかし、簡単かと
いうたらぜんぜんそうでなくて、濃淡なんかも
機械のあたたまり具合で微調整せなあかんし、
下手にやって原図巻き込んでしもて

「青焼きもできんのかー!」

いうて怒鳴られたりしましたねえ。なつかし。
Posted by uch at 2008年05月30日 09:02
どこかの蔵へ置いておくとか(笑)

ガリ版摺りの
あの、鉄筆の感触と音が思い出されましたわあ。
Posted by メグ at 2008年05月30日 09:28
なんで、緑とか茶色じゃなくて、青だったんでしょうか。青は何?
Posted by 祐信 at 2008年05月30日 14:29
僕が初めて務めた事務所にもアンモニア式のばかでかい機械がありました。あの匂いなんか懐かしいなぁ。で、当事務所も開設当初最新型の青焼き機を導入しましたが入魂の
「断面詳細図」を食べられて以来、白焼きオンリーです。
最初は味気ないと思ったけどすぐ慣れちゃった。
Posted by moon at. at 2008年05月30日 14:45
どこかの蔵。
あそこですねおっしゃってるのは(笑

なぜ青か・・・
知ろうとしましたが難解すぎて解説できず・・
化学反応です。としか。

ああ、むかしはほんまよう巻き込みました。
CAD図ではなんとも思いませんが、手描きの、
渾身のやつは・・つらかったですよねえほんま。

ふっきれる一言。ありがとうございます!
Posted by uch at 2008年05月30日 16:52
青焼き、今の若いし、しってるのかなぁ。
なんか、寂しいですね。
言えた立場ではないですが・・・。
Posted by センターおやじ at 2008年05月31日 00:21
光当てると分解して、影になって分解しなかった
とこは、アルカリ性にすると染料になるという
なんか都合のいい感じの化合物が見つかって
それが出す色が青かったんです、という説明じゃ
手抜きと呼ばれるんでしょうか?(笑
大昔カメノコには苦しんだんで、それぞれの反応
説明せんと許さんと言われれば思い出すべく努力
するけど(笑
Posted by Y at 2008年05月31日 19:07
青焼き以前の青焼き?
線が白で、地が青
となると何年前でしょう?
Posted by ヘボン at 2008年06月01日 01:21
地が青の青焼き、昔のお寺の図面なんかで
見たことあります。寸法はもちろん尺貫法で。

Y、カメノコってあのなんか結合式みたいな
やつ?何一つ思い出せませんなーあれは(笑

青焼機でできる第二原図っていうのもあった
ような。茶色ーい。
Posted by uch at 2008年06月02日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。