2017年06月05日

耳が聞こえにくい

身内との会話はもっぱら筆談。
だったんやけど、思いついて
しらべてみたら・・・

あったわー
音声を文字化する会話ソフト。

Speech Canvas

つかえる〜!!
ipadとセットで導入。

食卓の真ん中にたてといたらご飯食べながら
会話もできる。

おー夢のようです。

筆談はついついイラついてしまうけど、
これは明瞭に発音しないと誤変換するから
気持ちもゆっくりになって、それもいい。

家族LINEにも参画してもらって、
技術に感謝やなあほんまに。



DSC_0107.jpg
オイル交換にいったらまたベントレーが。
まえのとはまたちがうやつ。
津田のマスダね。

この、弛緩する感じはなんだろ気持ちが。
おおらかやな〜








posted by uch at 09:42| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

美波町「こうのすまい」は

進化し続けてます。

管理者になっている地元の有志のみなさん、
職員、議員の方々とわれわれ・・・


DSCF5780.jpg
この、レベルが違いながらうねる感じは、
やはりええな。と思います。


DSCF5778.jpg
このあたりも足場組んでステージにして。


津波到達水位より上にいかに平らな部分を
つくっておけるか。普段使いの用途も考え
つつ。


DSCF5774.jpg
先週石巻、女川でみて、聞いてきたことを
美波町のみなさんに伝える。これ、ほんま、
「フクシマトクシマの会」の続きです。


伝えることでなにかはじめるみなさんです。







posted by uch at 21:34| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知地域会総会

全国大会の「防災」シンポでご登壇
頂く岡村先生のご講演を聞きたくて。

わかりやすい図版と迫力ある語り口。

徳島は、数分で津波が来る最南端から
鳴門のあたりまで、いわば被害状況に
グラデーションがあるけど、高知は
太平洋に面する足摺岬から室戸岬まで
ほぼ同じ、十数分で来ます津波が・・・。

高知市中央の、山へは遠いエリアに
十数万人が。

備蓄食料よりも耐震改修を。建物が壊れ
たらそこでおしまい。

藍作と吉野川と建築文化の話をしたら、
岡村先生の出身地佐賀でも、大水と共生
するくらしがあったとお聞きして。

一瞬で切り替わってしまう平常時と被災時
の境界面を考える「フェイズフリー」の
概念と、岡村先生の危機感とは別物では
ないはずで、あらゆることが考えられる
ことを共有して、一人ひとりが考え始める
シンポにしたい。



DSCF5867.jpg
高知のサーファー(JIA正会員)大井号
1966年モノですって!


DSCF5860.jpg
四地域会の防災シンポ担当者で久礼見学
 

DSCF5806.jpg
避難タワーからの景色とは思えない。


DSCF5807.jpg
大正市場から上ってくる長いスロープ。
向こうの方にもうひとつのタワーが。


知り合いが多い高知なので、懇親会は甘えて・・・

DSCF5794.jpg
長水さんの隣を独占していろいろ教えて
いただく。こんな長くお話しさせて頂い
たのははじめて。うれしい!!
メインシンポに四国の土着代表として
登壇していただきます!


DSCF5797.jpg
「ドン」細木さんとも笑


DSCF5798.jpg
たのもしいなあ土佐の若手たち笑!
みんな若いけど腕たちでっせ〜


posted by uch at 15:10| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする